沖縄ダイビングの求人は熱意のある人を歓迎

沖縄ダイビングの求人は熱意のある人を歓迎 沖縄ダイビングの仕事をしたいなら、まず求人探しが最優先です。いくら沖縄ダイビングの仕事がしたくても、雇ってもらえなければどうにもなりません。ですので、まず雇ってもらえるダイビングショップの求人を探す必要があります。

 今はインターネットで簡単に探すことができますので、できそうな求人を見つけることはできるかもしれません。しかし、求人の内容については各ダイビングショップによって違うはずです。そしてその中には、驚くべきことにダイビング未経験者歓迎の求人があります。仕事をしつつインストラクターの資格が取れるよう研修によってサポートしてくれるダイビングショップもありますので、その求人ならダイビングの技術に関係なく働けます。

沖縄 ダイビングはこちら

 沖縄ダイビングの仕事を望んでいる人の中には、インストラクターの資格を持っていない人もいるかもしれません。今はあらゆる転職のパターンがありますが、未経験からでも研修制度を活かして徐々にインストラクターの資格を取得すれば良いのです。たまたま観光でやってきた沖縄の海に魅了されてダイビングを始める人は、そういうタイプがもしかしたら多いのかもしれません。ダイビングの業界はそうして新たに飛び込んでくる人は歓迎しているでしょうし、そのための環境は整っています。やる気のある人なら飲み込みも早いでしょうし、熱意があるのはダイビングに限らずどんな仕事においても大事です。ですので、沖縄ダイビングの求人は、ダイビングに対する熱意のある人を歓迎しています。

沖縄でワーキングスタディコースでダイビングインストラクターの資格取得を目指す

沖縄にはダイビングインストラクターの資格を得ることができるダイブショップがたくさんありますが、その中にはワーキングスタディを呼ばれるコースが選択できるようになっているところがあります。

ワーキングスタディコースを選ぶ最大のメリットは、受講料が無料、あるいは格段に安くなることです。ダイビングインストラクターのライセンスを取得し、プロとなるためには100万円前後のお金が必要といわれていますが、ワーキングスタディコースでは、ダイブショップのスタッフとして働き、接客やガイドの方法について学びながら、ダイビングの技術を習得していきます。スタッフとして仕事をしてもらう代わりとして、ショップから給料をもらいながらダイビングインストラクターとして必要な知識や技能を学ぶことができるのがワーキングスタディコースの特徴です。

ワーキングスタディコースにはお金以外の面においてもメリットがあります。例えば、資格を取得してプロになった後は、そのまま技術を教えてもらったダイブショップ所属のインストラクターとして活動することができます。給料は資格取得前より大幅にアップすることが多いです。また、ショップによっては資格取得後の仕事先を見つけなければならなくなったときにサポートをしてくれることがあります。